ケノン カートリッジ 【ワンショットあたり0.15円の低コスト】

ケノンのカートリッジならコストを気にせずガンガン使える

以前は、自宅で使う脱毛器と言えば電気シェーバーなどが当たり前でした。でも、ここ数年で家庭用脱毛器はどんどん進化をしていて、今では光を使ったフラッシュ脱毛というのが主流になっています。

 

この脱毛方式は、エステサロンなどで使われている脱毛方法ですが、それが家庭でも出来るようになったということで話題になりました。普通なら、エステサロンで数十万円もかかる脱毛方法が、10万円以下の価格で自宅で出来るのですから、当然大ヒットです。

 

ただし、ひとつデメリットを挙げるとすれば、昔の機種だとカートリッジのコストが高いというのがありました。小さい機種だと、カートリッジは安いものの小さいので照射回数は少ないため、結局は高く付いてしまう。大きい機種でも、古いものだと10000発しか打てないのにカートリッジが高い。

 

そのため、ルーチン的なコストが高くなってしまうというデメリットがあったんですね。でも、そんなデメリットさえもなくしてくれたのが、爆発的な人気を誇った家庭用脱毛器「イーモリジュ」の後継機種、「ケノン」です。カートリッジ自体の価格も、従来の家庭用脱毛器のカートリッジよりも低くなっているのですが、さらに照射回数が倍以上なんです。

 

ケノンのカートリッジなら、最大照射回数が50000発で、ワンショットあたり0.15円という低コストが可能になります。つまり、ムダ毛が少ない方なら、全身脱毛をしてもカートリッジ1個で済んでしまうこともあるのです。とにかく、ケノンのカートリッジなら、コストを気にせずがんがん使うことが出来るんです。

 

ケノン

最近のエステはトラブル起きたりしない?

エステの脱毛で肌トラブルを経験したという体験談、皆さんも一度は読んだり聞いたりしたことがあるかと思います。数年前では、エステの脱毛の主流は針脱毛やレーザー脱毛という、肌への負担が非常に高いものでした。針脱毛もレーザー脱毛も本来は医療行為のため、施術者側に高い技術と経験が求められます。しかし、以前はそういったものを軽視した、素人同然のエステ脱毛が多かったのも事実です。

 

現在は、エステでもコンプライアンスが順守され、利用者も安全・安心な脱毛施術を受けられるようになってきました。このような改善の理由としては、行政や医療脱毛を行っている医師からのエステ業界への働きかけもありましたが、サービス内容が悪ければ顧客が付かないということを、エステ側もきちんと認識した結果とも言えるでしょう。

 

この数年、インターネットの口コミサイトなどで評価が高いお店は、全て「勧誘なし」「明朗会計」「高い技術」といったものが揃った優良店です。当たり前のことを当たり前にやっているお店が評価される。素晴らしいことですよね。

 

最近は「銀座カラー」や「ミュゼ」といった老舗大手の脱毛エステが人気です。しかし、それに迫る評価を得始めているのが「エピレ」です。エピレは2011年に出来たばかりの脱毛エステ専門店ですが、TBCのプロデュースということもあり、大変細やかで堅実なサービスを提供してます。

 

新規店ながら、「勧誘なし」「明朗会計」「高い技術」全て兼ね備えている注目のお店です。肌に優しい施術での高い評価を得ているサロンですので、エステに抵抗感がある方も、一度検討されてみることをおすすめします。

 

ミュゼ 予約変更